05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

末政さんから届いた ワールドカップ第4戦カナダ大会レースレポート  

皆さんこんばんは。
営業担当の岡山です。

良い週末を過ごされましたか!?

弊社スポンサーライダー 末政実緒からレースレポートが届きました。

大会名:2012 RockyRoads UCI Mountain Bike World Cup presented by Shimano #4
開催地:カナダ・モンサンタン
開催日:2012年6月20ー22日
天候:晴れ
コースコンディション:ドライ
順位:14位
バイク: INTENSE M9

どうぞ!
ワールドカップはヨーロッパラウンドから北米ラウンドに移動し、第4戦はカナダのモンサンタンで開催されました。
前回のフォート・ウィリアム同様に長年ワールドカップがあり、今開催されているワールドカップの中で一番歴史がある定番のコースです。

山頂からスタートする3kmを越えるロングコースは、岩がゴロゴロと転がっているハイスピードのゲレンデセクションや岩盤の上を走るシングルトラック等、色んな要素が詰まったテクニックだけでなく強靭な体力も求められるワールドカップで1番タフなコースと言っても過言でないコースです。

サンダーストームが時折あるものの、天候は概ね良好。あまり雨は振り続いていなかったようで、路面は砂埃が激しく立つような砂地の軟い土で雨で締まっている時より難しいコンディションでした。
昨年は試走1日目、1本目、しかも前半で転倒しそのまま救護バギーで下まで降りるという結果となってしまったので、実質このコースを下まで降りるのは2010年の世界選手権以来。
正直今回の1日目朝一はかなり緊張しましたが、何事も降りることが出来てホッとしました。
少し慎重気味に試走を繰り返し、中盤ハイスピードセクションの少し勇気のいるステップダウンジャンプを行くまでに少し時間はかかったもののクリアし、無事に1日目の試走を終えました。
そして2日目、午前中試走、午後から予選の日。
1本目にハイスピードセクションで前輪が何かに引っかかったような感覚がしたとたん、ノーズウィリー状態になりそのまま転倒。バイクはかなり下まで飛んでいってしまい、身体も吹き飛ばされましたが幸いにもダメージは最小限で済みました。
その後も練習を続けることが出来て、午後から予選に挑みました。
前半はまずまずのペースで走れていましたが、中盤のシングルトラックの岩にリアタイヤが大きな音を立てて当たりました。
このコースではよくあることなのですが、シングルトラックを抜けたあたりからリアタイヤがまさかのパンク。
幸いにもタイヤが外れたりよれたりせずに済んでいたので、そのまま続行し止まりそうなバイクを必死に漕ぎ続けゴール。
トップ10のプロテクトがない今、予選のパンクは予選通過出来るかどうかすら危ぶまれる痛恨のミス。
トップ20位までが決勝に進出、全員がゴールしリザルトが出るまでの緊張感は今でも忘れられません。
リザルトを見ると、19位。ギリギリですが決勝に進出することが出来ました。

1. ATHERTON Rachel
2. NICOLE Myriam
3. RAGOT Emmeline
4. HANNAH Tracey
5. SIEGENTHALER Emilie
19. 末政実緒

予選後、1日練習を挟んで決勝が行われました。
前日の練習日は雨で試走時間が変更となったりしましたが、思っていたよりコースコンディションは悪くなく、午後にまた雨が降ったものの決勝当日にはすっかり乾いていて、レースを走る頃にはまた砂埃の立つほどのドライへと変わっていました。
決勝は2番目スタート。
今回のコースは長旅ですが、スタートから思いっきり行く事にしました。
前半のシングルトラック、中盤のハイスピードセクションを終え、後半のシングルトラックに突入。
パンクしたポイントも今回は無事にクリア。
終盤に差し掛かると暴れるバイクを抑えるのがやっとになってきて少しペースを落ち気味でしたが、必死に耐えてゴール。
14位でモンサンタン大会を終えました。

1. ATHERTON Rachel
2. NICOLE Myriam
3. RAGOT Emmeline
4. SIEGENTHALER Emilie
5. GATTO Micayla
14. 末政実緒

今回は後半少しペースダウンしたものの、転倒もなくメカトラもなく今出せる力は出せたと思います。
自分のレベルが上がっては世界のレベルは上がり、若いライダーもどんどん出てきているのが現状。
世界への挑戦は終わりなき戦いなのかもしれません。
だからこそ魅力を感じ、純粋に上を目指したいと思えるのだと思います。

と言いつつもしみじみと感じる間もなく、今週末はアメリカに移りワールドカップ第5戦アメリカ・ウィンダム大会です。
少しでも差が縮められるよう、たくさんの事を吸収しながら最善を尽くしたいと思います。

カナダ・モンサンタン大会、応援ありがとうございました。


Team FUNFANCY/INTENSE
末政実緒

FUNFANCY
INTENSE CYCLES
SPANK
IXS
Royal Racing

OAKLEY
SHIMANO
Mom&Pops (Fox Racing Shox)
RINGOROAD
mont-bell
Emirates
C3 fit
Reaps-Facotry.
REV5
U2


mio_msa2012.jpg
写真提供:Hiroyuki Nakagawa/SL media

TEAM FUNFANCY  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/1015-a3ad056d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。