05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ワールドカップ第2戦スイス大会レースレポート 

実緒ちゃんからスイス大会のレポートが届きました。

大会名: NISSAN UCI MOUNTAIN BIKE WORLD CUP#2
場所:スイス・シャンペリー
日時:2007年6月6~10日
順位:DH4位、4X4位
バイク:INTENSE SOCOM(DH), Spider(4X)
タイヤ:前後INTENSE Spike2.25(ダウンヒル)

ワールドカップ第2戦は、スイス・シャンペリーで開催されました。
ここシャンペリーでのワールドカップは初開催ですが、
BIKEPARK.CHというヨーロッパでは有名なバイクパークがある場所です。
そして、今回のコースは急斜面でハードなコースになるだろうという噂
がシーズン初めからあり、個人的に楽しみにしていたレースでした。

<4X>
今回のコースは、前半がロックセクションとちょっとタイトなコーナー
があり、マウンテンバイクらしい感じで、後半は大きなのテーブルトッ
プジャンプとリズムセクションとBMXな感じで、緩やかな斜度の
場所に作られていたので、前回のスペイン大会ほど難しくありませんで
した。
しかし、毎日4Xの試走時間になると雨が降り始め、路面はかなり
滑りやすかったので、ある意味難しかったです。
ダウンヒルが朝から夕方まであり、それから4Xの試走だったの
で、疲れてあまり試走出来ませんでしたが、難しいジャンプやポイント
がなかったので、助かりました。

・予選
ミスはなかったのですが、コース途中からメカトラブルでトップギア
(一番重いギア)に入ったままになってしまいました。
そして、後半になるにつれて漕ぎが多くなっていたので、ちょっと大変
でしたが、なんとか5位でゴール。

*予選結果*
1位ジル・キントナー
2位レイチェル・セドー
3位フィオン・グリフィス
4位アネケ・べーテン
5位末政実緒

・決勝
セミファイナルからのスタートでした。
第1ヒートは予選1位のジル・キントナー選手、予選4位のアネケ・
ベーテン選手、予選8位のダイアナ・マクグラフ選手との対戦でした。
キントナー選手とべーテン選手がひとまず前に出ると思い、後ろから様
子を見ることにしました。
そして、スタートすると思った通りの展開だったので、出来るだけ近づ
き(クラッシュに巻き込まれない程度に)抜けるポイントまで待ちまし
た。
抜けるポイントでは、前を走るべーテン選手がメインラインを走ったの
で、その瞬間インラインに入りパスに成功。
その後のジャンプで飛んだ瞬間リアタイヤが滑り、あわや転倒かと思い
ましたが、なんとか持ちこたえそのまま2位でゴールし、無事決勝に進
出しました。

ファイナルは、予選1位のジル・キントナー選手、2位のレイチェル・
セドー選手、3位のフィオン・グリフィス選手との対戦でした。
予選5位の私にはレーンの選択権がなく、前に出にくいレーンだったの
で、また後ろから様子を見て抜く作戦に出ました。
しかし、前を走るグリフィス選手が私が抜こうかと思うポイントで毎回
タイヤを滑らしこけそうになっていて、抜くに抜けずにゴールし、決勝
は4位でした。
ワールドカップは5位までが表彰台なので、今回は久しぶりに表彰台に
立つことが出来ました。

*決勝結果*
1位ジル・キントナー
2位レイチェル・セドー
3位フィオン・グリフィス
4位末政実緒

<ダウンヒル>
噂どおり、ものすごく急斜面のシングルトラックが延々と続くコースで
した。
コース全長は1.6kmしかないのですが、急斜面のシングルトラッ
ク+滑りやすい路面なので、ものすごく長くハードに感じました。
例えて言うなら、日本の瀬女高原のシングルトラック通称『ブナ林』が
永延と続く感じです。
ものすごくハードなコースですが、漕ぐ場所はあまりなく、テクニック
が求められるコースなので、トライアル出身の私には好都合なコースで
した。
練習1日目、コースにだんだんと慣れてきてスピードが上がってきたと
き、フロントタイヤを思いっきり滑り前転し、少し手首を痛めてしまい
ましたが、翌日走るには影響はなく、レース当日には痛みはなくなって
いたので、良かったです。

レース当日、雨が降りコースはヌタヌタドロドロのコンディションに。
しかし、日本のレースでヌタヌタドロドロのコンディションに慣れてい
るので、意外と普通に走ることが出来ました。

<予選>
朝の試走よりはコンディションはマシになりましたが、まだかなり滑り
やすい状況でした。
このコース、転倒するとコースアウトしてしまうところばかりなので、
ある程度抑えてこけないように走った方が良いと思い、ひとまずこけな
いように安定した走りを心がけました。
コースを走っている途中、このペースはかなり遅いのでは?という不安
はありましたが、ほとんどの選手が泥に足下を取られこけていたよう
で、安定した走りが出来た私、ゴールすると予選2位でした!

*予選結果*
1位サブリナ・ジョニエ
2位末政実緒
3位エミリー・ラゴー
4位スカーレット・ハーゲン
5位トレーシー・ハナー

<決勝>
午後からの決勝、だんだんとコースは乾き始めてきているようで、予選
のようなコンディションの方が私にとっては有利だったので、ちょっと
残念でした。
コースが乾いている所は、ちょっとペースを上げて走る事にしました
が、こけると思った場面がたくさんあり、後半腕がだるくなってきて、
これ以上危なっかしい走りをすると絶対にこけてしまうと思い、少しス
ローダウン。それがタイムにかなり影響してしまったようで、決勝は4
位でゴール。
予選から2位順位を落としてしまいましたが、ワールドカップでは初め
ての表彰台です。

*決勝結果*
1位マリエル・サナー
2位エミリー・ラゴー
3位サブリナ・ジョニエ
4位末政実緒
5位トレーシー・ハナー

ワールドカップ・ダウンヒルでは一度も表彰台に立ったことがなかった
のですが、今回ようやく立つことが出来、しかも4Xと両方だった
ので結果は4位でも嬉しいです。
そして、ワールドカップ史上最もハードなコースでの4位なので、自分
のテクニックに自信を持てるようになりました。
その反面、自分に足りない物もはっきり見えたような気がします。
今回のようにテクニック重視で、漕ぎが少ない所で良い成績と言うこと
は、体力面がまだまだ足りていないのだと感じました。
そして、ゴールまで自分の持っているテクニックを出し切るにも、体力
が必要なのだと実感しました。
今回のレースで色んなことを学べたし、自信も付いたレースで本当に良
いレースだったと思います。
この調子で壁をまた一つ完全に越えられるように、頑張りたいと思いま
す。

Team FUNFANCY/INTENSE
末政実緒
TEAM FUNFANCY  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/161-f1901a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。