09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ジャパンシリーズ第3戦 

大会名:ジャパンシリーズ第3戦
場所:岐阜県ウィングヒルズ白鳥
日時:2007年8月18-19日
順位:4位
バイク:INTENSE SOCOM
タイヤ:INTENSE DH2.5(F), INTENSE Edge2.35(R)

ジャパンシリーズ第3戦はウィングヒルズ白鳥で開催されました。
今回、事前に男子エリートのコースと女子エリート、男子エキスパー
ト、スポーツクラスのコースが別だと聞いていました。
コース試走に行ってみると、確かにエリート男子とは全く違う所を走
り、しかも一般クラスと同じコースを走ることになりました。
コースは、緩斜面のジープ道のみ。上から下まで全く変化がなく、ただ
コーナーとストレートが続くのみで、エリート女子に関しては日本最高
峰のレースとは思えないコースでした。
そして、コースの難易度が低いため、タイム差のつきにくいコースでも
ありました。

<予選>
スタート直前から雷警報が発令したため、スタートが40分ほど遅れる
ハプニングがありました。
今後の天候によってはもしかすると予選のみになってしまうのでは?と
言う話しがあったので、その心構えで走ることにしましたが、いまいち
プッシュ出来ずスッキリしない予選でしたが、ひとまず1位で通過しま
した。

*予選結果*
1位末政実緒 4:20.69
2位猪俣浩子 +1.78
3位飯塚朋子 +6.75
4位渡辺キャリー +9.09
5位佐藤百江 +13.54

予選後天気は安定し、決勝が行われました。
予選のスッキリしない走りが自分の中では納得いかなかったので、決勝
では攻めていくことにしました。
前半は順調に走っていたのですが、コース中盤でリアタイヤのパンクに
気付き、オフキャンバーのコーナーはとりあえずリアタイヤが流れてし
まわないように走りましたが、その後のバームでタイヤの空気が抜け
きってしまい、タイヤが左右に振れ始めました。とにかくバームでは必
死に耐えて、こけずにはいましたが、その後フラットな漕ぎセクション
ではタイヤが左右に振れて漕いでも漕いでも進まない状態でした。
やっと漕ぎセクションを終え、ゴールまでたどり着いたのですが、だい
ぶタイムロスをしたようでトップと3秒差の4位でした。

*決勝結果*
1位渡辺キャリー 4:22.81
2位猪俣浩子 +0.45
3位飯塚朋子 +2.49
4位末政実緒 +3.14
5位中川ヒロカ +4.88

今回は、パンク、差のつきにくいコースと色々悪いことが重なってしま
いましたが、まずはパンクさせてしまったことを反省したいと思います。
そして、大事な世界選手権も控えているので、早く気持ちを切り替えて
いきたいと思います。

*****
ところで、今回はコースのことや進行のことで、終始納得のいかない
レースでした。
今回に関しては、コースをたくさん作ることが出来なかったり、男子の
レベルを上げる為のレイアウトで、雨が降った際にはコースが渋滞に
なってしまうからなど、コースデザイナー側の言い分が色々あり、今回
に関しては仕方がないことなのかなとは思いますが、今後はこういった
男女別々のコース、そして一般クラスと同じコースはやめてもらいたい
です。
もちろん、男子と女子にはレベルの差があり、男子選手にとっては、追
いついてしまってしっかり試走が出来ないと言う意見もあるかもしれま
せんが、女子も男子同様に日本のトップを決める日本最高峰のレースで
あり、女子エリートはスポーツクラスから勝ち抜いてきたライダーが走
るクラスで、みんな難易度の高いコースを走りたいと言う気持ちはあり
ます。それなのに、スポーツクラス、一般クラスと同じコースというの
はおかしいと思います。
そして、何より私達が今回のレースで納得がいかなかったのが、レース
当日の試走です。
普段エリート時間があり、女子もエリート時間に走ることが出来るので
すが、今回はコースが違うと言う理由で、『男子エリート』の時間、
『その他』の時間という風に分けられていました。
女子エリートクラスは『その他』に分類され、エリート時間に走ること
が出来ませんでした。
コースは今回仕方ないとはいえ、女子エリートを全く無視したレース進
行はいかがなものかと思います。
このような男子エリートしか考えていないレースは、一生懸命レースに
参戦している女子エリートライダーに対して失礼ですし、私達女子ライ
ダーのレース活動を応援してくださっているスポンサー様に対しても大
変失礼だと思います。
男子とはレベルが違うとはいえ、女子もレースに対する意気込みは同じ
です。
私達を無視するレースは、今後一切して欲しくないです。

こういったことをレースレポートに書くべきではなかったかもしれませ
んが、私を含め女子ライダーが今回のレースで感じたことを少しでも多
くの皆様にご理解頂ければ幸いです。
決して今回のレースを非難しているのではありません。今後より良い
レースをしてもらいたい一心でこのようなことを書かせ頂きました。

Team FunFancy/INTENSE
末政実緒
TEAM FUNFANCY  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/210-7e0c7627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。