05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

UCI Mountain Bike World Championships レポート 

大会名:UCI Mountain Bike World Championships
場所:スコットランド・フォートウィリアム
日時:2007年9月3-9日
順位:4X5位、DH6位
バイク:4X(INTENSE Spider)、DH(INTENSE
M6)
タイヤ:4X INTENSE SYTEM4(F), C.C(R) DH INTENSE DH2.5(F),
Edge2.35(R)
2007年世界選手権はスコットランド・フォートウィリアムで開催さ
れました。
ここフォートウィリアムは2002年以降毎年ワールドカップが開催さ
れ、毎年最も盛り上がるレースで、今年は世界選手権と言うこともあり
今まで以上の盛り上がりでした。

4X
フォートウィリアムの4Xコースは2回走ったことがありますが、
今回は今までよりもより長くなっていました。
傾斜はあまりなく、ダウンヒル系のコースというより、どちらかという
とBMX系のコースでしたが、楽しいレイアウトになっていました。
路面は砂地でコーナーは柔らかくすぐに荒れてしまい、失速しやすく
なっていましたが、雨が降ってもコンディションがあまり変わらなかっ
たので、走りやすかったです。

予選は途中までは良かったものの、ちょっとしたジャンプでミスをして
しまい予選8位で通過。

*予選結果*
1位 ヤナ・ホラコバ
2位 メリッサ・ビョー
3位 ジル・キトナー
4位 アネケ・べーテン
5位 キャロライン・ブハマン
8位 末政実緒

今回決勝へは16人残り、1/4ファイナルからのスタートでした。
1/4ファイナルは予選1位のヤナ・ホラコバ選手と同じヒートですが、
とりあえずは1、2番でゴールすればセミファイナルに上がれるので、
ホラコバ選手の後ろに付いて走りました。
後ろの選手が転倒し、フロントタイヤが私のリアタイヤにあたり一瞬バ
ランスを崩してしまいましたが、なんとか持ちこたえ2位でゴール。
セミファイナルは、1位のヤナ・ホラコバ選手、4位のアネケ・べーテ
ン選手、5位のキャロライン・ブハマン選手との対戦でした。
スタートしてしばらく直線のジャンプを何個か越えた後、第一コーナー
へと突入するのですが、イン側がメインでアウト側が一瞬遅いものの、
出口でスピードに乗れるコーナーでした。
私はアウト側のコーナーをチョイス。コーナーを曲がって加速するぞっ
て時に、イン側ライン争いではじき飛ばされたブハマン選手がよろけて
私の方に寄ってきました。
こっちはスピードに乗って避けきれず、接触。私はなんとか持ちこたえ
ましたが、ブハマン選手は転倒。
そして、接触のせいで前の2人を追いかけようとするものの、距離が開
き過ぎて3位でゴール。
次は順位決定戦のスモールファイナルがありました。
対戦相手は、予選6位のジョイ・ゴア選手、予選10位のレイチェル・
セドックス選手、そして予選5位のキャロライン・ブハマン選手でした
が、ブハマン選手はセミファイナルの時の転倒で負傷し、3人でのレー
スとなりました。
私はセミファイナル同様、アウト側のラインを選び今回は大成功。加速
しイン側から来たライダーが飛べないジャンプを飛び一気に前に出まし
た。
そのまま前をキープして4Xは5位で終えました。

*決勝結果*
1位 ジル・キトナー
2位 アネケ・べーテン
3位 メリッサ・ビョー
4位 ヤナ・ホラコバ
5位 末政実緒

ダウンヒル
毎年ほぼ同じレイアウトだったダウンヒルコースですが、今回は前半部
分は新しくなりました。
しかし、途中からほぼ同じでゴール前のジャンプの形が少し変わった程
度でした。
天気が毎日あまり良くなかったので、コースコンディションはいつも
ウェットですが、砂地なのでそれほどヌタヌタにはならずドライタイヤ
のままで走ることにしました。
今回のレースからバイクがSOCOMからM6に変わり、リア
ショックのストローク量もリア剛性も上がり、今回のような岩の多いハ
イスピードコースにはピッタリでした。

<シーディングラン>
シーディグランは試走2日目の午後から始まりました。
1、2日と走り、だいぶバイクにも慣れてきたのですが、レーススピー
ドになるとまだサスペンションのセッティングが合っておらず、リズム
が崩れてばたついた走りになってしまい9位でゴールしました。

*シーディングラン結果*
1位 レーチェル・アサートン 5:30.20
2位 トレーシー・モーズリー +8.49
3位 エミリー・ラゴー +13.22
4位 トレーシー・ハナー +13.71
5位 サブリナ・ジョニエ +15.96
9位 末政実緒 +23.86

<決勝>
シーディングランから決勝まで2日試走があり、だいぶサスペンション
のセッティグも良くなり、日に日にバイクが馴染んで行くのが分かりま
した。
決勝日、朝から天気が悪く雨が降ったり止んだり。
しかも、次第に風が強くなりスタート地点は暴風になっていました。
スタートして風の抵抗がどれほどか確かめながら走っていたのですが、
ちょっとしたジャンプで風に煽られ転倒寸前でした。
その後、出来るだけ地面から浮かないように走り、風の抵抗がキツい前
半を乗り切りました。
しかし、風の影響か速く走れていないような気がして、ちょっと焦って
しまい体力をだいぶ消耗してしまい、後半の傾斜の緩いシングルトラッ
クはだいぶ走りが乱れミスが多くなってしまいました。
そしてラストのジャンプセクション、練習では飛べていたジャンプが疲
れて頑張って漕いでも届かず、だいぶそこで失速、タイムロスをしてし
まいましたが、なんとかシーディングランより順位を上げることが出来
て、6位でゴールしました。

*決勝結果*
1位 サブリナ・ジョニエ 5:28.35
2位 レイチェル・アサートン +4.01
3位 トレーシー・ハナー +11.54
4位 トレーシー・モーズリー +19.41
5位 フィオン・グリフィス +19.86
6位 末政実緒 +20.27

今回からまたバイクが新しくなり、絶対に良くはなっている、今回の
コースには合っているとは確信を持っていましたが、果たして乗りこな
せるかどうかちょっと心配でした。
しかし、日に日に凄く乗りやすくなっていて、レース日にはより良い走
りが出来るようになっていました。
そして、今までこのコースでは9位が最高だったので、今回の6位は自
信につながる順位でした。
もちろん、この成績に満足せずさらに上を目指して頑張りたいと思いま
す。
今週末はワールドカップ最終戦です。最後まで気を抜かずに、そして悔
いの残らない走りをしたいと思います。

Team FunFancy/INTENSE
末政実緒
TEAM FUNFANCY  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/227-380d4175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。