05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ワールドカップ第2戦アンドラ大会レースレポート 

大会名:NISSAN UCI MOUNTAIN BIKE WORLD CUP
場所:アンドラ・ヴァルノード
日時:2008年5月30日-6月1日
順位:4X2位、DH15位
バイク:4X: INTENSE Spider, DH: INTENSE M6
タイヤ:4X: INTENSE CC(F,R) DH: INTENSE Spike(F,R)
ワールドカップ第2戦はワールドカップ初開催のアンドラ・ヴァルノードで行われました。
アンドラはスペインとフランスの国境沿いのピレネー山脈にある小さな国で、標高2000mの高地でレースが開催されました。

・4X
コースは傾斜がきつく、BMXと言うよりはダウンヒルに近いコース設定でした。
雨が1ヶ月ほど降り続いていたため、路面は所々かなり柔らかく、大きなジャンプが3つほど中盤にありましたが、路面が良くなく男子一部しか飛べない状態だったので、女子は誰も大きなジャンプを飛ばなかったので、頭を悩ませるセクションはなく、数本走ればだいたいコースの感じがつかめました。そして、コースとの相性も良かったので、練習は最小限に抑えてレースに備えました。

(予選)
第1コーナーの入りのラインをミスしてしまい、少しスピードの乗りが悪くなってしまいましたが、それ以外はスムーズにゴールまで行くことが出来ました。
予選は4位で終えました。

1位アネケ・ベーテン
2位フィオン・グリフィス
3位アニタ・モルチェック
4位末政実緒

(決勝)
第1ヒートは予選5位のメリッサ・ビョウ選手がスタートゲートで一歩前に出ましたが、2位まで準決勝にいけるので、ビョウ選手の後ろについて第1ヒートを無事通過しました。
第2ヒートは、予選1位でチームメイトのアネケ・ベーテン選手がまずスタートで前に出て、予選5位のビョウ選手と私がスタート直後の直線を並んで走る形となりましたが、なんとか第1コーナーをビョウ選手より先に入ることが出来て、その後もなんとか2位のポジションをキープして決勝に進出。
決勝は、予選1位のベーテン選手、2位のグリフィス選手、3位のモルチェック選手と、予選1~4位までの選手が揃いました。
準決勝同様スタートはベーテン選手が前に出ました。モルチェック選手と私が並んで直線を走っていて、第1コーナーはどちらが先に入るか?っといった感じでしたが、ぎりぎり私が先に入ることが出来ました。第1コーナー、第2コーナーで争っているうちに前のベーテン選手との距離が少し空いてしまったので、今回は2位のポジションを守ることを徹しました。
路面が滑りやすい状態だったので、後半のフラットターンはちょっと注意しすぎてスピードが落ちてしまいましたが、ゴールまで2位を守り切り、MS-INTENSE Factory Racing Teamが1,2フィニッシュでレースを終えました。

1位アネケ・ベーテン
2位末政実緒
3位フィオン・グリフィス
4位アニタ・モルチェック

・ダウンヒル
ダウンヒルのコースは、全長1.2Kmで前半はハイスピードのコーナーが続き、その後は木の根と石が張り巡っているシングルトラックがゴールまで続きました。
シングルトラックの傾斜は緩やかですが、オフキャンバーだったり雨で路面がぬかるみ、コースのあちらこちらに轍が出来ていて、4Xとは対象的に何度走っても良いフィーリングを得ることが出来ず、無駄に何度も走ってしまった気がした練習でした。

(予選)
前日の夜に雨が降った影響で、コースはものすごいぬかるんでいて、朝の試走でさらにコースが荒れてしまいました。
予選は木にぶつかって止まったり、全くリズムが合わず20位でゴールしてしまいました。

1位レイチェル・アサートン
2位サブリナ・ジョニエ
3位トレーシー・モーズリー
20位末政実緒

決勝、前半のハイスピードセクションでタイヤを滑らせ危うく転倒しそうになったので、ちょっと落ち着いて走ることにしたのですが、シングルトラックは溝がかなり掘れてしまって、慎重になりすぎてしまい、スピードが全然乗らずにそんままずるずるとゴールまで行ってしまい15位でゴール。

1位レイチェル・アサートン
2位サブリナ・ジョニエ
3位フロリアン・プジン
4位トレーシー・モーズリー
5位エミリー・ラゴー
15位末政実緒


4Xでは第1戦スタート直後に転倒し、今回第1ヒートは少し緊張しましたが、ヒートを重ねるごとにだんだんと自信を取り戻すことが出来ました。
一方、ダウンヒルでは今回全く調子が上がらず嫌なイメージのままレースが終わってしまいましたが、まだまだシーズンは始まったばかり。
反省する所は反省して、深く考えすぎず前向きに行きたいと思います。

MS-INTENSE Factory Racing Team/FunFancy
末政実緒
TEAM FUNFANCY  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/423-91956699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。