06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

世界選手権大会レースレポート 

大会名:UCI MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS
場所:イタリア・ヴァリ・ディ・ソーレ
日時:2008年6月16日-22日
順位:DH5位、4X8位
バイク:INTENSE M6(DH), INTENSE SPIDER(4X)
タイヤ:INTENSE FROlite DH2.35(F) EDGE2.35(R), INTENSE C.C2.25(F)
SYSTEM1(R)
今年はオリンピックイヤーのため、通常9月に開催される世界
選手権が6月に開催されることになりました。
場所はイタリア北東部にあるヴァリ・ディ・ソーレというスキーリ
ゾート地。
5月にここヴァリ・ディ・ソーレで世界選手権のテストイベントが
あったため、どんなコースなのかが知っていて安心感はあったもの
の、知っているだけにどのタイヤをどのコンディションで使おうか
など、会場入りする前から考えるさせられるコースでした。

20080704_4


<ダウンヒル>
コース全長は2.25Km、全体的に斜度があり、そして岩や木の
根がむき出しになっていているかなり難易度の高いコースでした。
そして、路面はドライコンディションでは砂埃が立つほどパフパフ
で深い砂のようになり、雨が降るとツルツルに滑って止まらない状
態になり、タイヤの選択が難しかったです。
しかも、一部前半部分の石、木の根がむき出したセクションでは、
ドライコンディションでも滑りやすい状態でした。

試走1日目は雨が時折激しく降り、コースは信じられないほど滑り
やすく、転倒せず降りるのが不可能なぐらいコンディションが悪い
状態で、しかも天気予報では翌日以降は良くなるとの予報だったの
で、あまり数は走らずセミウェットのINTENSE INTRUDERやINTENSE
SPIKEなどタイヤを試すぐらいで終え、2日目以降は天気も回復し路
面も乾き始め、だんだんとラインも定まってきました。
3日目試走後、決勝のスタートを決めるためのシーディングランが
ありました。
前半良いペースで走れているなと思ったら後輪をパンクしてしまい
ました。なんとかそのままコースを走って下りることが出来たの
で、後ろのライダーに注意しながらゆっくりラインを見ながらお
り、シーディングランは18位でゴール。

シーディング結果
1位レイチェル・アサートン
2位エミリー・ラゴー
3位サブリナ・ジョニエ
4位フロリアン・プジン
5位スカーレット・ハーゲン
18位末政実緒

シーディングラン翌日の試走日は、コースも完全に乾きタイヤもド
ライタイヤDH、Edgeに替え、かなりスピードが上がっ
てきましたが、それと同時にラインはどんどん掘れてきて、スピー
ドを出せば出すほど腕にくる振動が激しくなり、腕が一気に疲れて
きました。
セクションごとには速く走れるようになってきましたが、上から下
まで通しで走った時にどれだけそのスピード維持出来るかがレース
ポイントでした。

レース当日、朝の試走で転倒してしまったり、前日の試走時よりさ
らにコースが荒れていて(女子シニアクラスの試走後に男子ジュニ
ア、シニアの試走があったため)、リズムがイマイチ合わなくなっ
てしまい、ちょっと不安が残るままの決勝でした。
前半、朝転倒した所はちょっと慎重になり過ぎた気もしますが、ま
ずまずのペースで走っていましたが、後半になるにつれてあわや転
倒という場面が数カ所あり、転倒しないようにバイクを抑えるのに
必死でだんだんアグレッシブな走りが出来なくなり、アベレージス
ピードがどんどん落ちてきてしまいました。
それでもなんとかバイクにしがみつき、転倒は避けることは出来ま
したが、後半のペースダウンが響いたのか決勝は5位でゴール
しました。

1位レイチェル・アサートン
2位サブリナ・ジョニエ
3位エミリー・ラゴー
4位フロリアン・プジン
5位末政実緒
20080704_5


<4X>
ダウンヒルコースとは対照的で斜度は緩やかで、途中プロクラスと
呼ばれる大きなダブルジャンプが2つある他はそれほど難易度は高
くなく、いかに良いゲートスタートを切るか、いかにバームのコー
ナーで良いラインに入るかがポイントになりました。
テストイベントとほぼコースが同じだったので、スムーズに練習は
進みましたが、女子が次第にプロクラスジャンプにチャレンジする
中、私はどうしても行く気になれずにいました。
しかし、チャレンジする女子ライダーのほとんどが行ける時もあれ
ば、行けない時があったので、予選は一か八かで飛ぶよりもプロク
ラスの横を走った方予選は速い気もしました。
予選はミスもなく7位で予選通過しました。

1位アネケ・ベーテン
2位ヤナ・ホラコバ
3位メリッサ・ビョー
4位ロマーナ・ラボコバ
5位アニータ・モルチェック
7位末政実緒

決勝はダウンヒルのレース後に行われました。
日中の暑さも加わり、4Xのレースでは少し疲れが出てしまっていまし
た。
第1ヒートは、予選2位のヤナ・ホラコバ選手,予選
10位のセリーヌ・グロス選手、予選15位のダイアナ・マクグ
ラフ選手との対戦でした。
スタートは予想通りBMXライダーでもあるホラコバ選手が前に
出ましたが、第1コーナーで他の選手との接触もなくうまくホ
ラコバ選手の後ろに付くことが出来、まずは第1ヒート通過。

第2ヒート(準決勝)は、予選2位のホラコバ選手、予
選3位のメリッサ・ビョー選手、予選11位のLucia
Oetjen選手との対戦でした。
第1コーナーでインから2番手を走っていたビョー選手をパス
したのですが、その後の第2コーナーで逆にインを入られしま
い、第2ヒートは3位ゴール決勝には上がることが出来
ませんでした。
その後のスモールファイナル、疲れがピークに達していてスタート
で出遅れてしまい、4位ゴールで最終的には8位で4X
を終えました。

今回のダウンヒル、トップ2まではもう一つレベルアップが必
要ですが、トップ3には手が届く所まで来ていたので、確実に
レベルが上がってきている実感はありましたが、手の届く範囲まで
来ながら5位に終わり悔しいレースでもありました。
今は部分的には速いものの、それがうまくつながっていなかった
り、今回のように後半にかけてスピードが落ち気味なので、ライン
取りをもうちょっと考えて、もっとスムーズにセクション間をつな
ぎ合わせられるよう、そしていかにアベレージスピードを上げて行
くのが今後の課題です。

4Xは改めてダウンヒルとの掛け持ちの大変さを感じるレースでした。
両方を全力でこなせられる体力を付け、スタートゲートを速く出ら
れるようにするのが課題です。

20080704_6


次回のレースは、7月20日秋田県田沢湖で開催される全
日本選手権大会です。
9連覇がかかったレース、実力がちょんと発揮出来るよう落ち着いて
挑みたいと思います。
世界選手権、応援ありがとうございました。

MS-INTENSE Factory Racing Team/FunFancy
末政実緒
TEAM FUNFANCY  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/433-2610b786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。