09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ワールドカップ第4戦カナダ大会レースレポート 

大会名:NISSAN UCI MOUNTAIN BIKE WORLD CUP#4
日時:2008年7月24-26日
場所:カナダ・モンサンタン
順位:DH4位、4X2位
バイク:INTENSE M6(DH), INTENSE Spider(4X)
タイヤ:DH: INTENSE FROlite DH2.35(F), FROlite Edge2.35(R) 4X: SYSTEM5(F,R)
ワールドカップはヨーロッパラウンドから北米ラウンドに移り、第4戦はカナダ・モンサンタンで開催されました。
モンサンタンは毎年ワールドカップが開催される定番コースで、2010年の世界選手権の開催地でもあります。


<ダウンヒル>
全長3.8Km、石がゴロゴロしてパンク率の高いゲレンデハイスピードセクションと、岩盤と木の根が入り交じったシングルトラックが続く、これぞダウンヒルと言った感じのテクニック的にも体力的にもハードなロングコースです。
会場入りした時から天候が良くなく、コースはドロドロで特に中盤のハイスピードセクションは沼と化し、走るたびに轍が深くなり、とても走りにくい状態でした。
ロングコースでコースも荒れて腕がすぐに疲れてしまうので、コース試走はなるべく少なく効率よくして、レース日に備えることにしました。

・予選
レース日は快晴、朝の試走でタイヤをスパイクタイヤからドライタイヤに履き替え、予選を走りました。
所々はまだ乾き切っていないものの、試走1,2日目より走りやすくなりました。
予選で気合いを入れて走りすぎると決勝前に疲れてしまうと思い、ある程度流して走ることにしました。
前半のシングルトラックで少しミスがあり少しリズムが狂いましたが、タイムに影響する感じのミスではなく、その後も目立ったミスはなく6位で予選はゴール。

1位レイチェル・アサートン 5:18.21
2位トレーシー・モーズリー 5:26.08
3位エミリー・ラゴー 5:27.40
4位サブリナ・ジョニエ 5:28.51
5位フロリアン・プジン 5:36. 57
6位末政実緒 5:38.55

・決勝
前半部分のコーナーでフロントタイヤを滑らし転倒しそうになり、なんとかリカバリーしてこけなかったものの、バイクがあらぬ方向に行ってしまい、木に当たってストップ。
まだまだコースがこれから続くので、気を取り直して再スタートしました。なんとか止まってしまった分を取り戻そうと思いハイスピードセクションは危なっかしい走りでしたが、なんとか転倒もなく無事ゴール。4位でダウンヒルを終えました。

1位レイチェル・アサートン 5:12.36
2位サブリナ・ジョニエ 5:13.79
3位トレーシー・モーズリー 5:21.86
4位末政実緒 5:25.52
5位フィオン・グリフィス 5:37.21

20080731_mio2

<4X>
試走1日目、2日目&予選は、雨でコースが走れない状態だったので試走と予選がキャンセルになり、土曜日(ダウンヒルのレース後)に試走、予選、決勝が行われることになりました。
1時間15分ほどしか練習がないにも関わらず、ダウンヒルの表彰式が行われているときにはもう4Xの試走が始まったおり、結局4本ぐらいしか試走出来ずに予選が始まりました。
しかし、コースはダウンヒルよりでしかも路面は所々滑りやすかったので、ダウンヒルライダーには少し有利なコースでした。

・予選
滑りやすい所だけ注意し、その他は全力で走りました。数本しかコースを試走出来なかった割にはスムーズに走れ、予選は2位で通過。

1位アネケ・ベーテン
2位末政実緒
3位キャロライン・ブキャナン
4位フィオン・グリフィス
5位アニタ・モルチェック

今回はセミファイナルからのスタートでした。
セミファイナルは、予選3位のキャロライン・ブキャナン選手、6位のメリッサ・ビョー選手、7位のエバ・カストロ・フェルナデス選手との対戦。
スタート直後のバーム、ビョー選手が前に出たので、そのすぐ後ろに付き、そのままゴールし決勝に進出。
決勝は、予選1位のアネケ・ベーテン選手、4位のフィオン・グリフィス選手、6位のメリッサ・ビョー選手との対戦。
スタートしてまずベーテン選手、ビョー選手が前に出て、その2人を追う形となりました。
中盤ビョー選手がベーテン選手のイン側を入りパス、ベーテン選手は転倒し2番手に浮上しました。
そしてそのままゴールし、今年2度目の4X2位を獲得しました。

1位メリッサ・ビョー
2位末政実緒
3位フィオン・グリフィス
4位アネケ・ベーテン

20080731_mio1

ダウンヒルは決勝で止まってしまって残念でしたが、気持ちを切り替え最後まであきらめず冷静に走ることが出来たので、そういった面では今回は良い走りが出来たのではないかなと思います。
4Xは、少しラッキーな部分もあり、スケジュールがつまり過ぎて何がなんだか分からないまま終わってしまいましたが、ダウンヒルが終わった後にあったレースにしては力を出し切れたと思います。
今週末には第5戦があります。今回以上の成績を目指して頑張ります。

MS-INTENSE Factory Racing/FunFancy
末政実緒


TEAM FUNFANCY  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/455-007c4f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。