05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ワールドカップ第5戦 スロベニア大会 

末政実緒さんから、さらに詳しいレースレポートが届きました!

大会名:NISSAN UCI MOUNTAIN BIKE WORLD CUP
場所:スロベニア・マリボル
日時:2009年6月19-21日
天候:4X雨、DH晴れ
順位:DH5位、4X7位
バイク:INTENSE M6(DH), INTENSE TAZER(4X)

ワールドカップ第5戦は東ヨーロッパのスロベニア・マリボルにて開催されました。
ここマリボルは私がワールドカップダウンヒルに初めて出場した思い出の場所でもあります。

<4X>
コースは昨年とほぼ変わりなく、スピード感がありジャンプ、コーナーがまんべんなくあるコースでした。
予選は、目立ったミスもなく順調に走る事は出来たのですが、ゴール前の3つのダブルジャンプの1つ目しか練習から飛べず、予選は10位で終えました。

1位ジル・キトナー
2位アネケ・ベーテン
3位キャロライン・ブキャナン
10位末政実緒

決勝当日は、前夜から雨が降り続き4Xの練習が始まる寸前に止み、コースは昨日とはガラッと変わりドロドロヌタヌタと化していました。
途中のスラロームセクションがかなり滑りやすくなっていましたが、前もってマッドタイヤを履いていたおかげで思いのほか快適に走る事が出来て、レースを迎えました。
第1ヒートは、アネケ・ベーテン選手、キャシー・コート選手、エヴァ・カストロ選手との対戦でした。
スタートしてベーテン選手が前に出て、コート選手との2番手争いになりましたが、第2コーナーを過ぎて前に出る事が出来、そのままベーテン選手を後につき準決勝に進出。

準決勝は、アネケ・ベーテン選手、キャロライン・ブキャナン選手、エミリー・ラゴー選手との対戦でした。
スタートは少し出遅れた感があったのですが、少し周りの様子を見ながら第1コーナーに。他のライダーが真ん中のラインからアウト側に行くラインに行くのを見て、ふとイン側ラインのさらにイン側のラインに入りました。そして、そこから早めに漕ぎ始めて第2コーナーで前に出る事に成功しました。ここからステップアップとジャンプセクションが続くのですが、そこで漕ぎ勝負とジャンプ勝負になり、なぜか練習では飛べていたジャンプが飛べず、後ろから来たベーテン選手、ブキャナン選手がジャンプを飛びパスされてしまい、その後抜くチャンスがなく準決勝で敗退してしまいました。
その後の順位決定戦でも、第2コーナーで前に出るもその後フロントタイヤを滑らせ減速してしまって、また順位を同じ所で落としてしまい、4Xは7位で終えました。

1位キャロライン・ブキャナン
2位メリッサ・ビョー
3位ジル・キトナー
7位末政実緒


<ダウンヒル>
マリボルのダウンヒルコースは、林の中がメインでコーナーがとても多いのですが、林の中にも関わらずスピードがかなり出る、テクニカルで一瞬でもリズムを崩すと吹っ飛んでしまうか木にぶつかってしまう、リスキーなコース。
そして、木の根もコースの至る所に張り巡っており、ロックセクションもあり、雨が降ると恐ろしいコースになるので雨が降らない事を願っていましたが、練習2日目、予選日に嵐が来てしまいました。
コースはグチャグチャで雷まで鳴り始め、スタート地点に上がるゴンドラとリフトが止まってしまい、練習が途中で終わってしまい、予選も中止となり日曜日に予選・決勝と全てが行われる事になりました。しかも、1日目にこなせなかった課題が2日目も1本しか走れずこなせず、不安を残したまま日曜日を迎える事になってしまいました。

日曜日は朝早くから試走が始まりましたが、予選が迫っていたため2本走る予定が1本のみに。コースは朝の時点ではまだ乾いておらず、2日目の雨の中より滑りやすい状態でした。

予選
ワールドカップトップ10なので、予選は何かあってもゴールさえすれば自動的に決勝に行けるので、様子を見ながら走る事にしました。
ペースはあまり上げる事が出来ませんでしたが、転倒もなくゴールし予選は3位でした。

1位サブリナ・ジョニエ
2位エミリー・ラゴー
3位末政実緒

決勝
スタート地点に上がる直前までマッドタイヤで行くべきか、ドライタイヤで行くべきか悩みましたが、天気も良く風もあり以外と乾きも早いように感じたので、ドライタイヤで行く事にしました。
思った通り乾きは早く、ドライタイヤで十分なほど乾いていたので、前半からなかなか良いペースで走っていたのですが、後半の林に入って少しした所のリズムセクションで、木の根か轍にバランスを崩し転倒寸前でしたが、なんとか転倒はせず止まりました。しかし、ビンディングペダルもちゃんと入っておらず、木の根のガタガタで全然入らないし、コーナーを曲がった弾みで反対側も外れノーフット状態に。再び転倒しそうになりましたが、今回もなんとか止まり転倒はせずに済みましたが、もうリズムが完全に狂ってしまい、一気にペースダウン。追い打ちをかけるように最後のジャンプを飛ぼうと漕いだ瞬間ペダルから足が外れ飛べず。。。
2度も止まるといつもなら順位がグッと下がってしまうので、今回は…とガッカリしていましたが、前半のペースが良かったのか5位でフィニッシュ。
今季2度目の表彰台です。

1位サブリナ・ジョニエ
2位エミリー・ラゴー
3位フロリアン・プジン
4位セリーヌ・グロス
5位末政実緒

後でリザルトを見ると、前半のタイムが3番目に速い事を知り、本当に今回はもったいないレースだったなという感じでしたが、レースの内容の割には今回も安定した成績が出せ、マッドコンディション、急なコンディションの変化にも対応出来た事は、とても自信につながる今回のレースでした。
もちろん、少し後口が悪いレースの内容だったので、満足はしていませんが、もっと自分のライディングに自信を持つべきだと思いました。
そして、今回は改めてビンディングペダルのクリートは消耗品で交換をサボると走りに影響すると思い知らされました。
ライディングだけでなく、機材にもしっかり気を配りたいと思います。

これでひとまずワールドカップヨーロッパラウンドは終了です。
次のワールドカップは7月のカナダラウンドです。
その前に10連覇のかかった全日本選手権もあります。
もっと自分に自信を持って、後半のレースも頑張って行きたいと思います!

Team FunFancy/INTENSE
末政実緒
TEAM FUNFANCY  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/629-cb04c723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。