05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

カナダ修行から戻りました。 

P7184594.jpg

9日間のカナダでの修行からもどりました。
カナダはウィスラーにあるバイクパークに行って参りました。
コース、環境はまさにマウンテンバイカーにとっての天国でした。

今回本格的なダウンヒルにトライしたのは初めてでしたが、レンタルしたバイク(Knolly Bikes)がしっかりしたものでしたので、大変楽しめました。

R0013929.jpg

R0013935.jpg


現地で日本人MTBツアーガイドの辻さんにお世話になりました。辻さんのおかげでジャンプが飛べるようになりました。 ↑ドロップオフ&急斜面のライダーは辻さん。
カナダ、バンクーバー(ウィスラー)に行く際には是非彼のツアーをお楽しみください。

ロデオサーカス←クリック

弊社では彼の活動に感銘を受け、今後サポートします。また、本場の厳しい環境のもと製品の開発も行います。乞うご期待。

R0013930.jpg

↑この斜面はほぼ垂直で下るまでに時間がかかりました。ライダーはFFC特派員1号。

今回はAres Bykes "Reverb"を持って行っていましたので、そのテストもかねインドアのパークへ行きました。

P7184600.jpg

初めてですがバックフリップを完了しました。ジオメトリーも初心者でもすぐに馴染める設計です。

P7184611.jpg

P7184612.jpg

*Ares Bykes "Reverb"とは先日の全日本の4Xで勝利を勝ち取ったクロモリハードテールフレームです。

R0013845.jpg

現地では弊社取り扱いのPivot Cyclesのエンジニアもコースを楽しんでいました。

R0013737.jpg

R0013736.jpg

インテンス社員も楽しんでいました。彼のバイクは特に注目の的でした。

090730_153303.jpg

P7214665.jpg

今回カナダ滞在時に会社を訪れ弊社取り扱いブランドに追加されるKnolly Bikesの皆さんです。
彼らとはフリーライドの発祥の地、ノースショアでライドを教えてもらいました。

P7214684.jpg

P7214679.jpg

P7214675.jpg

P7214668.jpg

P7214664.jpg

090730_1534061.jpg

090730_1533371.jpg

Knolly Bikes カナダ生まれのフリーライドを中心とするバイクのラインナップです。
CNCパーツはカナダで制作され、ベアリングはEnduroの3、4倍のコストもするドイツブランドを採用しています。このベアリングはダブルローのアンギュラータイプですので、耐久性、剛性アップに貢献しています。フレームの溶接はアメリカのサパという会社で行われています。台湾製になる前のスペチャライズドや現役のターナーなども同じところです。
ノースショアでの厳しい環境のものテストされていますので、海外での評価は非常に高いです。英語の分かる方は世界最大MTBリビューサイトで確認して下さい。 www.mtbr.com

フリーライドをバックグラウンドにもつ、Knolly Bikesをよろしくお願いします。



FFC特派員  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/651-52dcd99c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。