05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ワールドカップ第7戦カナダ大会レースレポート 

末政実緒さんからレースレポートが届きました!
↓ ↓
大会名:NISSAN UCI MOUNTAINBIKE WORLD CUP#7
場所:カナダ・ブロモント
日時:2009年7月31-8月2日
順位:DH3位、4X9位
バイク:INTENSE M6(DH), INTENSE TAZER (4X)
P1030105_2.jpg

ワールドカップ第6戦カナダ・モンサンタン大会に引き続き、第7戦もカナダのブロモントで開催されました。
ブロモントはカナダ東部の大都市モントリオールから1時間弱とアクセスが良く、普段はバイクパークとして賑わっています。

<ダウンヒル>
コースは全長1.6Kmとかなり短いコースですが、前半は緩斜面の木の根と岩のあるシングルトラック、中盤は岩盤と木の根がむき出した急斜面のセクション、後半は緩斜面のダブルトラックのハイスピードセクションと、短いながら全ての要素が凝縮されたコースでした。
天気が安定せず、夜中に雨が降ったり、朝降ったりと変わりやすい天気で、コースのコンディションもコロコロと変わりました。
ドロドロのセクション多かったですが、岩が多くタイヤはドライタイヤのみとタイヤチョイスは簡単でした。

・予選
朝から雨が降っており、予選前の練習では水分が多く走りやすかったですが、予選前には雨も止み逆に滑りやすいコンディションの中予選が始まりました。
スタートしてすぐに、履いていたロングパンツのウェスト調整のマジックテープが外れ、ロングパンツがずれそうになるハプニングが起こりましたが、転倒もなくスムーズな走りで予選は4位でフィニッシュ。

1位トレーシー・モーズリー
2位エミリー・ラゴー
3位フロリアン・プギャン
4位末政実緒
5位サブリナ・ジョニエ

予選の翌日、決勝日。天候は晴れ。決勝前の練習はまだ少し滑りやすかったですが、決勝が始まる頃には一部をのぞきほぼドライコンディションでした。
前半のシングルトラックは、練習の時のようなリズムよく走れず遅く感じましたが、練習よりスピードが上がっているからそう感じるのだとポジティブに考え走っていました。
中盤の岩盤セクションはまずまずの走りで、終盤のハイスピードセクションに。ハイスピードセクションはスピードも乗り良い感じに走っていましたが、4Xコースの下をくぐるトンネルに入った瞬間、フロントタイヤを滑りあわや転倒かと思いましたが、なんとか持ちこたえそのまま転倒なくゴール。
予選4位だったサブリナ・ジョニエ選手のタイムには届かずゴールした時点で2位でまだ3人残っていて、予選3位のプギャン選手にコンマ差で私のタイムを上回れてしまいましたが、最終的に3位とワールドカップのダウンヒルで初めての表彰台に登る事が出来ました。

1位サブリナ・ジョニエ
2位フロリアン・プギャン
3位末政実緒
4位トレーシー・モーズリー
5位セリーヌ・グロス
P1030102.jpg

P1030111.jpg

<4X>
4Xコースは長めで、ロックセクションあり、コーナーも多くどちらかというとダウンヒルよりのコースで、パス出来そうなコーナーも何カ所かあり、スタートで決まってしまうコースではなく、私好みのコースでした。

予選は目立ったミスもなく4位で終えました。

1位ジル・キトナー
2位フィオン・グリフィス
3位アネケ・ベーテン
4位末政実緒

レースは準々決勝ヒートからのスタートでした。
対戦相手は、予選5位のメリッサ・ビョー選手、12位のジョアナ・ペーターソン選手、13位のネベン・ステンメッツ選手でした。
スタートしてジャンプを何個か越え第1コーナー、一歩引き次のコーナーに備えました。第2コーナーで前の選手がイン側に入ったので、アウトからスピードに乗せて第3コーナーで前に出ました。その後ロックセクションで1位を走っていたビョー選手に追いつきましたが、ロックセクションでリアタイヤをパンクしてしまったようで、その後パンクしたまま走る事になりました。
パンクしたままのコーナーはかなり滑って危なかったですが、なんとかパンクしたまま2位を走り続け最後のジャンプまでやってきました。最後のジャンプが飛べずにこなしていると後ろからペーターソン選手にジャンプを飛ばれてしまい、3位でゴールし今回は準々決勝で敗退しました。

1位フィオン・グリフィス
2位アネケ・ベーテン
3位ジル・キトナー
9位末政実緒


2002年からワールドカップに参戦を始め、やっとダウンヒルでワールドカップの表彰台に今回乗る事が出来ました。
長かったですが、継続は力なりだなと改めて実感しました。
もちろんこれで満足せずにこれからがスタートと思い、後残っている2つの階段を登って真ん中に立てるよう頑張りたいと思います。
次は9月に開催される世界選手権大会です。
年に一度きりのレース、全力を尽くせるようにそれまでしっかり練習を続けたいと思います。

Team FunFancy/INTENSE
末政実緒
TEAM FUNFANCY  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

この記事に対するコメント

とうとうやりましたね!三位入賞おめでとうございます。フリー
キャスターで見せていただきました!さすがミオさん、全く危なげない安定した走りでしたね。全日本、十連覇といい今年は何かと
良い事が起こりそうな年ですね?
次の世界選手権もこの調子で頑張ってください!

URL | リロイ #-

2009/08/07 01:11 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/653-eb9ee5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。