05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

FUNFANCY情報発信局

  // 

ファンファンシーの取扱う商品情報、イベント情報、などなどをお知らせするブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

オーストラリア世界選手権レースレポート② 

では、永田隼也さんから、4クロスのレースレポートです!

↓ ↓
練習日

今回の4クロスコースはとてもBMX的なコースだった。
前半にはリズムや巨大バーム、中間には巨大ダブルテーブルがあり、後半はまたリズムセクションと最後は漕ぎな感じのコースだった。ただ、路面が非常に荒れていて、リップやバックサイドにも、岩などが出ていた。

このトラックは常設で、オージー軍団のこなしが非常に速かった。
コースの構造は基本的にどこのコーナーにも、インとアウトのラインがあったが、抜ける箇所は大2バームのみだと練習中から感じた。

結果ゲート練習が始まったが、予想通り、皆そのラインの練習をしていた。
そして、予選へ向けての一番の難関となったのが、コース中盤にある、ダブルのジャンプだった。距離は10メートル以上あって、そのジャンプの前には巨大シングルが設けてあり、漕いで入って行く時に跳ねられてしまう。

他のライダーたちもかなり苦戦していた。
だが、このジャンプを飛ぶのと飛ばないでは、1~2秒の差が出てしまうぐらい大きな鍵になるセクションだった。

練習で何本もトライしたが、思いきり踏み込む事が出来ず、なかなか飛ぶ事が出来なかった。
練習2日目で、ジャンプにトライしたが、届くには届いたが、風がかなり強く、飛べるか飛べないか不安定な状態にあった。

その他はラインもこなしもしっかりと攻略し、練習日を終えた。

予選

予選から会場には多くの観客が来ていた。
また、ワールドカップとも違う独特な雰囲気で、興奮した。

スタートし、前半セクションは順調に攻略し、問題のジャンプセクションへ。
風もやや向かい風で、限界まで漕ぎを粘ったが踏み切る事が出来ず、ここで下手に飛んで届かないより、飛ばずに漕いだ方が良いと判断し、飛ばずに後半セクションへ。
ロスはしてしまったが、とにかく漕いだ。レーススピードになって、後半に細かいリズムセクションへ入って行くと、自分が想像していたよりも、リズムのこなしが速くて驚いた。

そして後は全力で漕いでゴール。

その他のライダーはうまくダブルを攻略し、飛んでいたが、26位で予選を通過できた。

そのセクションが攻略出来ない、悔しさが予選終了後にずっと襲いかかって来ていたが、そこでのタイム差を考えて、他のセクションは行ける!とポジティブな考えへ持って行き、翌日の本番へ備えた。
その日の夜は、ナイター練習が行われ、独特な雰囲気の中、興奮しながら練習することができ、ジャンプも攻略へ近づいた。

決勝

レースは午後6時半の日暮れから行われ、4万人弱の観客がコース脇にびっしりと押し寄せていて、大盛り上がりの中開催された。

僕のヒートはオーストラリアチャンピオンのライダーとBMX出身のこちらもオージーライダー。
ジャレッドと常に練習していて、ライン取りなど、うまいライダーだった。
そしてもう一人はスロバキアのライダー。
僕は予選がこのメンバーの中では一番下だったので、4ゲートの一番アウト側へ。ここのラインがなかなか不利なラインで、練習中に狙いを定めていた、第2バームでイン側から攻める事をスタートから決めていた。

そしてスタート。
予想通り、1,2ゲートのオージーライダーが飛び出し、第1バームはイン側ラインへ。
僕はアウトから攻め、この時点で3位のライダーを抜き、いざ第2バームへ。イン側から2位のライダーを抜きにかかり、被せようと攻めたが、アウトからの漕ぎの勢いで逆に被せられてしまい、コーナーで少し滑ってしまい、その間に4位のライダーにも抜かれてしまい。そのまま4位でフィニッシュした。

あと一息の所で抜けきれなかった事が、まだ未熟な部分だと感じた。
ただ、ワールドカップで初めて出た4クロスの時よりも確実にレースをしっかりと見極められる様になり、手ごたえも感じられた。

4クロスの課題は体作り、瞬発力の2つが大きな課題だと感じた。
帰国した次の日から、スプリント、ロードワークを開始しました。

4クロスかなり手ごたえを感じました。

TEAM FUNFANCY
永田隼也
TEAM FUNFANCY  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://funfancy.blog81.fc2.com/tb.php/665-43f020e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。